花嫁さんの着たいウェディングドレスは十人十色!

ウェディングドレス選びは大仕事!

一生のうち何度と着る事はないであろうウェディングドレス選び、女性は何度も何度も試着して悩んでしまいますよね。お相手の男性にとっても、これからの伴侶の晴れ姿を彩る衣装なのですからいい加減には選べないのではないでしょうか。一口にウェディングドレスと言っても、みんなの憧れお姫様のようなプリンセスタイプやタイトなデザインでクールな印象のマーメイドタイプ、まるで映画の中の世界のような裾を長く引きずるロングトレーンタイプ、その他にもまだまだ種類があり女性が何着も試着したくなってしまう気持ちにも納得です。際限なくあるドレスの中から自分だけのドレスを選ぶ作業は、結婚する二人にとって一世一代の大仕事といってもいいのではないでしょうか。

誰でもお姫様になれちゃうんです!

『ウェディングドレスは女性の夢』とよく聞きますが、それはドレスを着ている数時間だけは誰でもお姫様になれるからではないでしょうか。ヒラヒラのレースを贅沢にあしらったドレスを纏えば物語のプリンセスに、キュッと腰回りが引き締まったクラシックなドレスを着れば西洋の亡国のお姫様に、大胆に足を見せたふわふわなミニドレスを着ればお転婆なお嬢様にと、女性は着る物で気持ちを切り替えていくことができるから、女性はウェディングドレスに夢を見るのではないでしょうか。

ウェディングドレスなのに和風!?

昨今のウェディングドレスのデザインには一生の思い出として記憶に残るようにと、奇抜なデザインや印象的なデザインのものも増えてきました。披露宴のお色直し以外でも白一色ではないカラフルなものや、白一色のドレスにポイント的に印象的なモチーフを取り入れたドレスでバージンロードを歩くカップルも少なくありません。その中でも一段と目を引く奇抜さといえば、和の古来のデザインをモチーフに作られたドレスではないでしょうか。着物の反物を大胆に使い作られたものや、着物の帯の形をかたどったリボン、和柄の刺繍をふんだんにあしらったベールなど『和』を取り入れたデザインは式の参列者の記憶に強く残るものでしょう。一生に一度かもしれないウェディングドレスを着るチャンス、少し冒険してみるのもいいかもしれませんね。

ウェディングドレスには沢山のタイプがあり、マーメイドタイプやプリンセスタイプ、Aラインなど豊富となっています。