これでもう迷わない!婚約指輪選びのポイント

男性が婚約指輪を選ぶケース

婚約指輪を買いに男性が一人で行く場合は、安いものではないですし、さらに二人の記念になるものですから、迷ってしまうのも当然だと思います。彼女にサプライズの演出で渡す場合には、どうしても一人で買いに行くしかありません。エピソードとして彼女の指のサイズがわからずに買ってしまって薬指に入らなかったり大きすぎたりという話はありますが、プロポーズに渡す指輪はしっかり薬指に入って欲しいものです。サイズはピッタリでも次に気になるのは指輪のデザインです。指輪選びに慣れていないはずですから一人で悩むことはあきらめてお店のスタッフさんに意見を聞いて、指輪を選んだほうがいいでしょう。

婚約指輪を女性が選ぶケース

女性としては、婚約指輪は男性から贈ってくれるものを黙って身に付けるしか方法はないのでしょうか。プロポーズの時に突然指輪をもらうのはドラマチックでとてもステキなものです。でも指輪が気に入らなかったり、サイズが違っていたりしたら、少し興ざめですよね。婚約指輪は宝ものになるとても大切なものですから、気に入ってもらえる自信がない男性は、一人で婚約指輪を選ぶのは控えたほうがいいでしょう。プロポーズを行って、彼女にオーケーをもらってから、彼女と一緒に婚約指輪を買いに行くのでも何の問題もありません。

婚約指輪に迷ったらブランドものが無難

婚約指輪は好きな男性からもらうのですから、どんなものでもいいのかもしれませんが、それでもやっぱりブランドに憧れている女性は多いものです。彼女がブランド好きであれば間違いなくそのブランドの婚約指輪を選んだ方がいいでしょう。高級ブランドの婚約指輪は、シンプルでありながら存在感と高級感があり、身につけていても映えるものです。女性の側もプロポーズしてくれそうだと感じたら普段から、好きなブランドの話などをして彼にさり気なく情報を入力するようにしておくと希望に叶うかもしれませんね。

婚約指輪は結婚の約束の証として、男性から女性に送る指輪のことで、主流の石はダイヤモンドです。プロポーズと同時に渡したり、結婚の口約束の後に彼女と一緒に選んで買う男性も多いようですね。