結婚が決まったあなたへ?結婚式までの段取りについて

両家への挨拶は早めに済ませておく

彼からのプロポーズを受け、いざ結婚に向けて動こうとしているあなた。やはりまずは両家への婚約の報告を行うことが望ましいですよね。順番は彼側でも彼女側からでもどちらからでも構いません。プロポーズを受けたら早めに両家の親に揃って挨拶に行きましょう。相手側の親に挨拶に行く際はカジュアルすぎる服装は避け、女性はきれいめなワンピース、男性はスーツを着ることが望ましいと思います。元々交流があるならそれほどかしこまる必要もないかもしれませんが、やはり婚約の報告ですのできちんとした服装の方が相手に誠実さが伝わり親も安心するのではないでしょうか。

結婚式をどうするか、式場選び・日取りを決める

両家への挨拶が無事に終わったら、今度は結婚式についてどうするか考えなければいけません。最近は結婚式もしない人が増えてきていますが、お互いに結婚式に関する考え方を共有し、するのであればどのような形式で行うのかも話し合いましょう。ここでよくありがちなのが、結婚式に対するテンションのギャップによるケンカです。婚約中の楽しい時期にケンカはなるべくしたくないですよね。そんなときは実際に式場見学やブライダルフェアなどに行ってみることをおすすめします。結婚式を疑似体験することで男性も結婚式に対する具体的なイメージが湧いてきてやる気を出してくれることも多いようです。ぜひ、デート感覚で気軽に行ってみましょう。挙げたい式場が決まったら式の日取りについても考える必要があります。その際は親・兄弟をはじめ親族の予定も考慮し日取りを決めて行きましょう。

両家の顔合わせを行う

入籍を行う前に、両家の顔合わせを行いましょう。その際は結納を行うのか、食事会のみにするのかなど、両家の意向を聞き事前に話し合っておきましょう。場所は一般的には男性側が女性側に出向くことが多いですが、両家が遠方の場合などは移動の負担を考慮しお互いの家の中間点で行う場合も増えてきています。日取りについては吉日にこだわる家もあるため、二人で互いの親の意向を聞きみんなが気持ちよくその日を迎えられると良いですね。無事に両家の顔合わせが終わればいつでも入籍できる状態となるので、入籍日や新居のこと、結婚式準備に向けてどんどん進んで行くのみです!忙しいけれど幸せに向けてがんばっていきましょう?

婚約指輪は婚約の証として永遠の愛を誓い贈る指輪です。ダイヤモンドを使ったデザインのものが一般的です。